車買取で残債ローンがあってもOKのお店もあります

車はけっして安い価格ではないので、どの車を買うのか決めるには、家を購入するのと同じようにかなりの勇気がいるものです。車は高い買い物なので、現金一括で購入する人はまず少ないことと思います。ほとんどの人が車をローンで購入していますが、ローンの返済がまだ済んでいない時に、車を売却する場合は注意しなければならないことが、いくつかあります。

車の購入時に、車の販売店のディーラーローンや銀行のマイカーローン、他の金融機関のカードローンなどを組むことと思いますが、ローンが完済するまでは車の所有者、つまり名義人はディーラーや信販会社、クレジット会社となっています。自分が乗っている車だからと言っても、ローンがまだ残っている間は厳密には車の所有者は自分ではありません。

車検証の所有者の氏名または名称欄に記載されているのが、ローンを組んでいる金融機関の名称になっている場合は、車を売却する意思があってもすぐに売ることはできません。車を所有している人、車に乗っている人、つまり車を使っている人、この関係について明確にしておかなければならないからです。

現金一括で車を購入した場合は、車の所有者と使用者は同じなので、車検証の車の商社の欄には「同上」と記載されているか、または「*」マークが記載されています。ローンの返済を継続している場合は、所有者の名前はクレジット会社や信販会社、銀行などの金融機関名が記載されていて、使用者の欄には自分の名前が記載されるのが一般的です。

車のローンの支払いが完済した場合は、所有権留保解除手続きを行うことによって、所有者を自分名義に変更することができますが、ローンの返済の途中では、この手続きを行うことはできません。ローンが残っている車でも、所有者が自分名義になっていれば、車を売却することは可能です。

残債ローンの車を売却する方法について

ローンを組んでいて、支払いがまだ終わっていない状態のことを残債ローンと言い、車のローンを組んで購入して、残債ローンがある状態の時にも車を売却する意思があれば、売ることはできます。ここでは残債ローンの車を売却する方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

車をディーラーなどで下取りに出す時に、残債ローンがある場合、その販売店で車を新しく購入してローンを組む時に残債分についてンに上乗せすることができます。ただし、中古車買取店などで車を売却するだけの場合は、それはできません。単に車を売却するだけであれば、ローンを完済させるのが先で、その後に所有権留保解除の手続きをしてからといった手順になります。

残債ローンがあっても車の買取OKの中古車買取店

新車を購入したいと思い、まだローンの返済が完了していなくても買取に対応してもらえるお店もあります。

売却する車について、中古車買取店で査定を依頼して、車の売却額から残債ローンを差し引いた金額について、受け取ることができます。これは、査定額・売却額よりも残債ローンのほうが大きい場合でも小さい場合でも可能です。

たとえば、査定額・買取額が50万円で残債ローンが30万円の場合は、その差額の20万円を車売却代金として受け取ることができます。
査定額・売却額が60万円で、残債ローンが70万円の場合は、マイナス10万円になりますので、10万円を中古車買取店に支払うことになります。

中古車買取店は、残債ローンを車の所有者となっているクレジット会社やディーラーなどに支払い、所有権を解除してから車を売却します。ただし、残債ローンがあり、車を売却するのに手続きが必要となりますので、別途手数料が発生する可能性もあります。

しかし、ローンを完済していなくても、車を売却したいと思うなら、この方法がもっとも確実ですね。残債ローンのある車を売却する場合、大手の中古車買取店などできるだけ多くの買取店での無料一括査定をインターネット上で行うと良いでしょう。査定を依頼する時には、残債ローンがあることを中古車買取店に伝えておく必要があります。