車検の期限が近い車やすでに車検切れの車を売却するには

愛車を売却する時に、車検の期限が切れるタイミングで売却する人も多いようです。しかし、中古車を購入する側にとっては、車検の残存期間がある車のほうが、無駄なお金が発生しないので安心ですよね。

そうなると、「車検の残存期間がある車のほうが、中古車買取店では高額で買取してもらえるのか?」という疑問が出てくることと思います。

実際のところ、中古車買取店では、とくに売却する車の車検の残存期間の有無に変わらず、査定額や買取額に影響をもたらすことはほとんどありません。車検の残存期間が丸々2年ある場合は、査定額が数万円アップの可能性はありますが、1年程度であればほとんどプラス査定になることはなく、残存期間が半年だと査定額はプラスマイナスゼロになるとみて良いでしょう。

車検の残存期間がある場合にも、車検の期限ぎりぎりまで車を愛用していても、査定額にはとくに大きく格差が生じることはないので、気にすることなく良いタイミングを見極めて売却するのが望ましいでしょう。

車検について気にすることなく、それよりも車の車種や年式、走行距離、モデルチェンジの時期などによって、査定額がプラスされることもあれば、マイナス査定になることもありますので、慎重に判断しましょう。

すでに車検が切れた車を中古車買取店で売却する場合は

すでに車検切れになった車を売却する時に、車検を通してから売却する人がいますが、車検にかかった費用の分よりも査定額がプラスになることはないので、かえって損をすることになります。

車検が切れた車を中古車買取店で査定・買取を依頼する場合のポイントをひとつ挙げておくと、車検が切れた車は公道を走行することはできないので、自宅から中古車買取店に車を持って行くことができません。しかし、ほとんどの中古車買取店で、出張による査定が実施されています。

1社のみで査定を依頼するよりは、インターネットの無料一括査定サービスを活用すると、複数の中古車買取店が自宅や指定された場所に出向いて、出張査定をしてくれます。愛車を高額で売却するには、できるだけ多くの中古車買取店で査定を依頼して、競合させるのが望ましいですが、1社ごとにお店を回っていたのでは時間がかかってしまうので、無料一括査定サービスを利用して、出張査定に来てもらうのが最善策ですね。

中古車買取専門店のスタッフに、自宅や指定された場所に来てもらって、車を査定してもらった後に査定額に納得した上で、車を売却することです。車は中古車買取店のスタッフが運搬用のトラックなどで自宅から店舗まで無料で運んでくれるので、なにもする必要はありません。

車検期間が切れてしまってから車を売却すると査定額が低くなると思うかもしれませんが、そのような基準で車を買取するような店舗に愛車を売却するのは、やめたほうが良いですね。車検切れでもマイナス査定になるケースはないので、とくに気にしなくて構いません。

しかし、自宅に車が1台しかなく、車検が切れた車に乗ることは違反行為とみなされるため、万が一、その車に乗っていて運転による事故を起こした場合、自動車保険に加入している人でも、運転者本人や搭乗者、自分の車への補償が受けられなくなります。

中には、車検切れの車に乗って公道を走行するドライバーもいますが、とんでもないことです。車検は必ず残存期間中に受けておいて、車を売却する予定があれば、車検が切れる2~3か月前から準備しておくと良いでしょう。