買い取り業者との交渉次第で愛車が高額で売れる

車買取

これから車を買取してもらうのに、車を取り扱う店舗によっても査定額や買い取り額にはかなり格差が生じることもあります。

新車を購入する時にディーラーで、営業社員に値引きについて交渉するのと同様に、愛車を売却する時にも、中古車買い取り店の社員との交渉次第で、高く買取してもらえるので、ここがふんばりどころです。

もともと関西人は値切り交渉が上手な人が多いと言われていますが、関東の人は苦手な人が多いようです。しかし、人それぞれですから値切り交渉が得意な人もいれば、まったく苦手で値切ったことがない人もいます。

買取店によっても、買取価格やサービス体制にはさまざまな違いがありますが、地域性によってもさまざまな特色の違いがあるようです。

中古車買取価格は、営業社員との交渉により、数万円の差が生じることもあれば、運が良ければ10万円以上も高く買取してもらえるケースもあります。ふだん、買い物をする時に値切った経験のない人や交渉が苦手な人も、ダメでもともとという気持ちで、開き直って交渉してみてはいかがでしょうか。

車を高い価格で買取してもらうために! 重要ポイントを抑えておこう

愛車を少しでも高い金額で買取してもらうために、いくつかの重要ポイントをきっちりと抑えておきましょう。車を高く売るなら、1社だけではなくできるだけ多くの買取店で査定を依頼して、交渉することです。

交渉力がある人や値切るのが上手な人は、ひとりでも大丈夫ですが、あまり自信がない人は友人や知人、家族と一緒に行くと良いでしょう。自分ひとりでは値引き交渉ができなくても、周りにいる人が助け舟を出してくれることもあります。

車を買い替える時には、ディーラーでの下取り価格の相場もチェックして、こちらもできるだけ複数の店舗で比較しておくと良いですね。車を売却する店舗を決める前に、あまりしつこく粘り過ぎないこと。そして、車をこのお店で売却すると決めたら、最後にもう少し粘って価格交渉すること。

車を高く売るためには複数の店舗と交渉すること

愛車を高く売りたいと思うなら、1つの買取店だけではなく、できるだけ多くのお店に出向いて交渉するのが、高額買取を目指すための第一歩です。

その理由をあげると、1つの店舗だけで査定を依頼しても、それだけでは中古車市場の価格相場を把握することができません。

もちろん、中古車相場はあくまでもひとつの目安にしかすぎません。愛車の価値がどれくらいなのか、買取店で査定を受けてみないことには、なんとも判断がつきません。

 中古車買取店で全国的にも知名度が高い大手の専門店には、カーチスやガリバー、ラビット、アップルなどのお店があります。しかし、大手の中古車買取店で必ずしも、高額で買取してもらえるとは限りません。

中古車買取店を複数の店舗に出向いて行くのが大変な場合は、出張査定を利用するのも良い方法ですね。インターネットの一括無料査定のサービスを利用すると、1度の複数の店舗での出張による査定を依頼することができます。

 複数の買取店で査定を受ける場合、同じ時期で査定してもらうのではなく、少し時間をずらしてから査定を依頼すると良いでしょう。査定を依頼する時に、いくつかの買取店で査定を依頼していることをさりげなく伝えておいて、他社での査定額は知らせないこと。

中古車買取店には家族や友人、知人と行くこと

車を査定・買取してもらうのに、ひとりで行くことはもちろん構いませんが、値段交渉に慣れていない人や営業社員との会話が苦手な人は、家族や友人、知人と一緒に行くことをおすすめします。周囲に交渉力の強い人や車に詳しい人がいれば、心強いものです。

 買取店の営業社員にしてみたら、客がひとりで来るよりは2人、3人と複数人いるほうが、11ではなく、社員ひとりに対して何人も客がいるので、あまり強気な態度をとりにくくなります。

 価格交渉をしていく中で、ともすれば営業社員のペースに巻き込まれてしまうこともありますので、その場の雰囲気に呑み込まれないように、主張すべきことはきちんと伝えること。

店舗に直接来店する時はもちろん、出張査定でもできるだけ複数の人にいてもらって対応することをおすすめします。

とくに、自宅に買取店のスタッフが来る場合、複数の店舗のスタッフが同時に来ることがないように、時間や日をずらして査定を依頼することです。中古車買取店では業者間がお互いに顔見知りであるケースも多く、結託する可能性もあるので注意すること。

車の買い替えを考えているならディーラーの下取り価格を比べてみよう

車の売却時にはもちろん、新しい車に買い替えることを視野に入れている場合は、ディーラーや中古車販売専門店などで、車の下取り価格がどれくらいになるのか、把握しておくことが肝心です。

ディーラーなどの車の販売店の下取りと買取専門店での買取を比べると、どちらが高くなるか、人気の高い車種、車の価値やニーズ、車の状態、店舗での価格相場など、査定を依頼するタイミングにもよりますが、さまざまな違いがあるようです。

購入する車がすでに決まっていれば、まずは見積もりを出してもらい、その後に愛車の下取り価格を把握すること。買取専門店でも同時に査定を依頼して、少しでも高い価格で買取をしてもらえるお店を選び、車を売却すると良いでしょう。

とくに車を下取りに出して新車を購入する場合は、新車の車両価格の値引額との関係もあります。そのため、買取価格と下取り価格について単純にそのまま比較しても、どちらが良くてどちらが悪いとも判断がつきません。

ディーラーでの下取り価格が高くなっていても、その分、車両価格に対しての値引き額が少ないようでは、まったく意味がないからです。

価格交渉は粘りが大切! でも粘り過ぎは禁物

ディーラーでの車の下取りや中古車買取店での買取は、営業社員との価格交渉次第で他店よりも高い価格を提示してもらえる可能性もあります。価格について交渉いていく中で、どこまで粘ることができるのかが重要ポイントになります。

粘りが大切であることはもちろんですが、買取店の側に立つと交渉する時間が長ければ長くなるほどに、会社としてはコストがかかってしまうので、あまり好印象を持たれることがなく、かえって嫌がられてしまいます。

 価格交渉は粘ることも必要ですが、あまり度を超えて粘り過ぎてしまうと、かえってそっぽを向かれてしまう可能性もあります。押してもダメなら引くことも時には必要ですから、ほどほどに抑えておきましょう。

まだどのお店で車を売却するか決まっていないうちから、複数の買取店で交渉して粘っていると、かえって逆効果になってしまい、業者が完全に手を引く可能性もあります。どのお店で買取をしてもらうかきっきりと決めてから、最後の段階で粘って交渉するのがベストなので、その前の段階では粘り過ぎは禁物です。

買取価格の交渉で長い時間をかけても、結局はムダな労力になることもありますので、1つの店舗につき、多くても2回までにしましょう。もう少し交渉すれば、脈があるかもしれないと手ごたえを感じることがあっても、3回までにとどめておくこと。

1
つの買い取り業者にこだわって価格交渉を長く続けることよりも、浅く広くできるだけ多くの買い取り専門店で査定を依頼することで、愛車を高い価格で売却する可能性がより広がります。