車を中古車買取店に売却する際に揃える書類

車買取

愛車を査定してもらう時に用意する書類とは別に、車を売却する時にも必要書類がいくつかあります。車の売買について契約を交わす時に必要となりますので、きちんと揃えて置かなければなりません。

車を売却する時に必要とされる書類は、おもに下記の通りです。

●車検証

所有する車に関する情報が、車検証の中にすべて記載されています。ほとんどの人が車のダッシュボードに入れていますが、万が一、これを失くした場合は運輸支局にて再発行してもらう必要があります。

●譲渡証明書

車の売却や譲渡をしたことについて、譲渡証明書によって証明されます。

●自動車納税証明書

自動車納税証明書は、自動車税の納税証明書のことを言い、郵送にて毎年5月に納税通知書が来ますので、これを支払っているかを確認するための証明書です。万が一、紛失した場合は、運輸支局にて再発行が可能です。

●自賠責保険証明書

車を所有するすべての人が、自賠責保険に加入する義務があります。この自賠責保険に加入していて保険料をきちんと納めたことを証明する書類として、自賠責保険証明書が必要となります。紛失した場合は、加入している保険会社に問い合わせると再発行が可能です。

●リサイクル券

リサイクル券とは、リサイクル料金を支払ったことを証明するための書類で、万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのウエブサイト上から再発行の手続きが可能です。

●住民票

住民票の提出が求められるのは、車検証に記載された住所から変更があった場合、現住所と車検証の住所が異なる場合です。通常は市町村役場の窓口で住民票を発行してもらえますが、専用の機械が設置されていれば休日でも発行可能です。また、コンビニで発行可能なところもあります。車検証に記載された住所から変更されていなければ、とくに必要ありません。

●戸籍謄本

戸籍謄本が必要になるのは、車検証に記載された氏名が現在の氏名と健康があった場合です。戸籍謄本が必要な場合は、本籍地の市区町村役場にて取得します。

●実印と印鑑証明書

車の売買では実印を用意しておく必要があります。市区町村役場での印鑑証明書も必要です。

●委任状

車の売買について自分で手続きを行う場合は、とくに委任状を揃えて置く必要はありません。ただし、車を売却する時に中古車販売店など業者が変更手続きなどを代行する場合は、委任状を提出する必要があります。中古車買取店で車を売却する際は、その業者に代行してもらうのが一般的です。

車の売却には、このような書類が必要になりますので、きちんと揃えておかなくてはなりません。これまで何度か引っ越しして住所が変わったのに、車検証の住所が変更されていない場合や住民票で確認ができない場合には、戸籍謄本を揃えておく必要があります。

結婚、離婚、引っ越しなどで住所や氏名変更した場合は、車検証の住所変更や氏名変更の手続きは、早めに済ませておくことです。

車の売却に関わる手続きは中古車買取店が代行

車検証に記載された住所や氏名に変更があった場合や、紛失した書類などがあれば、自分で取り寄せる必要があります。

印鑑証明書や住民票などの書類は、自分で役所に出向いて発行してもらいますが、車の売却に関する手続きは中古車買取店がすべて代行してくれるので、面倒な手間が省けます。

とくに、車を友人や知り合いなどに個人的に売買する場合は、代行してくれる人がいないので、すべて自分で手続きを行う必要が出てきます。しかし、手続きにそれほど時間を要することもなく、意外とスムーズに簡単にできます。

仕事が忙しくて手続きが自分ではできない場合、中古車買取店に手続きを代行してもらうと良いですが、依頼すると手数料がかかります。節約志向が高いや自分でやりたい人は、自分で手続きをすると良いでしょう。

車は家と同じくらい大きな買い物ですから、売買する時には実印が必要になります。車を売買することで大きなお金が動くため、契約後にトラブルが生じることがないように、信頼性の高いお店や中古車買取の実績が豊富な店舗を慎重に選びましょう。

インターネットの無料一括査定サービスを利用すると、小規模な店舗から大規模な買取店まで厳選されているので、1度に複数の店舗で査定額を比較することができます。店舗に出向いての査定はもちろん、出張査定も無料ですから、このようなサービスを利用すると良いでしょう。